リゾートにいこう

国内海外を問わず、世界のリゾートホテルをご紹介、旅行記を掲載していきます。

ここ一軒で山形県!山形長屋酒場で山形の郷土料理と地酒を堪能!

f:id:MantA:20200508102915j:image

ここ一軒で山形県!山形長屋酒場

山形県を訪れた際はぜひ寄っていただきたい、おすすめ居酒屋をご紹介します。

山形駅前のバスロータリー向かいにあり、ここ一軒で山形県!と書かれた大きな看板が目印で、花笠音頭が流れている店 、それが山形長屋酒場です。

f:id:MantA:20200508130245j:image

店内は長屋をイメージした古民家風の造り。

f:id:MantA:20200508130643j:image

山形県は、蔵王、鳥海、西吾妻や出羽三山などの明峰や松尾芭蕉の俳句で有名な最上川など、四季折々の豊かな自然に恵まれています。そんな山形県の自然に育まれた郷土料理や地酒を全ていただけるお店です。

とにかくメニューの種類が豊富

まずはメニュー表を見てびっくりします。料理だけで数百種類はあります。「ここ一軒で山形県!」とはそうゆうことかと納得。とりあえず日本酒(地酒)と数種類のお酒のお供をオーダー。すると初めにお通しがでてきました。

お通し

ちょっとしたお鍋と七輪で炙る干物が出てきました。

f:id:MantA:20200508175037j:image

いくら、とうもろこしの揚げ物、岩ガキ、蕨生醤油漬け

日本酒のお供には抜群のものばかり。とくに蕨生の醤油漬けがとても美味しかったです。山形の山の幸です。

f:id:MantA:20200508180915j:image

焼き味噌

地元産の味噌をしゃもじに置いて焼いてます。絶妙な甘辛さがお酒に合う一品。

f:id:MantA:20200508140223j:image

玉こんにゃく

山形名産の玉こんにゃく。こんにゃくってこんな美味しかったっけ?と思わせる一品。

f:id:MantA:20200508140219j:image

山形県のおすすめ地酒

お店の人おすすめの地酒をいくつか出して貰いました。

出羽桜

f:id:MantA:20200508140259j:image

初孫、楯野川

山形長屋酒場では初孫を推していました。蔵元限定酒や生酒いくつか種類があります。

f:id:MantA:20200508140255j:image

山形県の代表的な郷土料理 芋煮

里芋を主役にこんにゃく、ねぎ、きのこ、ごぼう、牛肉などを入れた鍋料理で山形県の郷土料理の一つ。山形長屋酒場では山形四大芋煮として庄内地方、最上地方、置賜地方、村山地方の4種類の違った芋煮を味わうことができます。

今回は村山地方の芋煮をチョイス。

村山地方の芋煮

村山地方の芋煮は牛肉と里芋、ねぎの醤油仕立てで芋煮の基本スタイル。

f:id:MantA:20200508140456j:image

味は濃い目で、醤油仕立ての出汁がしっかり染み込んでいてとても味わい深い。

f:id:MantA:20200508140501j:image

〆は幻の稲庭饂飩「吉左衛門」

稲庭うどんは色々ありますが、本家本元が稲庭吉左衛門のうどん。幻の稲庭うどんと言われ、私販で購入する場合は一年待ちとのこと。そんなうどんが山形長屋酒場では食べることができます。

f:id:MantA:20200508140450j:image

〆でいただきました。コシがあり、チュルチュルの滑らかなおうどん。これぞ本家本元の味。

f:id:MantA:20200508140506j:image

花笠踊りの実演も

笠に赤い花飾りをつけた花笠を手にし、花笠音頭にあわせて踊る、山形伝統の花笠踊りの実演もしています。可愛いスタッフさん達が笑顔で踊ってくれます。

f:id:MantA:20200508222732j:image

山形長屋酒場の詳細情報・アクセス

住所:〒990-0039 山形県山形市香澄町1-8-8 山形第1ビル1F
TEL:023-633-9005
営業時間:17:00~24:00
休業日 : 無

ここ一軒で山形県!!「山形長屋酒場」山形郷土料理と地酒の居酒屋